眉下切開準備したもの

あらかじめ準備したもの

・傷跡保護用のシリコンジェルとヘパリン配合のクリーム
傷跡がケロイドになるのをを防ぐシリコンジェルと傷跡の赤みを治す為のヘパリン配合のクリームの2本を予め購入しておきます
ちなみに塗るのは抜糸後です

韓国なら薬局で購入できるとの事ですが日本では店頭に置いてなかった為、通販で購入しました

シリコンジェルのケロコート

 

[Qoo10] 東亜製薬 ノスカナゲル

https://m.qoo10.jp/su/430795320?jaehuid=2000142399

・傷跡が動かないように固定するサージカルテープ
抜糸後の傷跡の変化は1~3か月間は続くそうです
その際に引っ張られたり(筋肉の動き)、紫外線、乾燥などの刺激により傷跡が過剰に反応してしまうと傷跡が太くなる、赤く盛り上がる、色素沈着が起こります
抜糸までは病院がしっかりと固定してくれるとの事だったので抜糸後から使用するつもりで購入しましたが、抜糸前から片側のみ固定のテープが浮いてきていたので補強の為に自分で購入したテープも使用しました
肌があまり強くないので肌に優しいシリコンテープを購入しました

 

 

 

買っておけば良かったもの

・アイスパック(保冷剤)
病院でも貰えますがぬるくなった時に替えがある方がいいです

・アイスパックを包むガーゼ
これも1枚は病院で貰えましたが衛生的には毎日変えたいので買いに行きました
1日目に血が付いてしまったので最初から用意しておけばよかったです

 

以上あらかじめ用意したものと買っておけば良かったものでした

コメント

  1. […] 使う時期などの詳細は過去ブログにまとめてます […]

タイトルとURLをコピーしました